産廃選別なら業者にお任せ!|ベルトコンベアーを利用しよう

作業員

大事な文書を処分する

書類

会社で使用済みの紙を廃棄するときは産業廃棄物と違いそのまま捨てることができます。家庭ごみのような感覚で捨てられるので、産業廃棄物のように高額な費用が発生することもありません。しかし、誰にも見られたくないような書類であれば、そのまま捨てるのは大変危険です。最近ではゴミを漁って機密文書を探す外部の人が増えていますし、従業員でもゴミ箱などを漁る場合があります。どうしても見られてはならない内容の機密文書であれば、シュレッダーにかけて廃棄すると良いでしょう。シュレッダーなら細かく切り刻んでくれるので他に人に見られる心配がありません。シュレッダーの購入費用も比較的安価ですぐに導入できるでしょう。もし、シュレッダーを使用しても心配だという場合は、業者に廃棄してもらうと効果的です。業者なら市販で売られているシュレッダーよりも更に細かく切り刻んで廃棄してくれるので、安心して任せることができます。機密文書を送るだけなので他の人に見られる心配もありませんし、業者も絶対に確認しません。紙を送る場合は自分で包装する必要が全くなく電話一本で業者が取りに来てくれます。処分費用に関しては枚数ではなく専用のダンボールに入る量によって決まります。機密文書を一枚だけ処分すると無駄になるので、できるだけ大量の機密文書をまとめて廃棄したほうが良いでしょう。廃棄するときは分別も必要ないので、いろいろな種類の紙を乱雑にまとめても大丈夫でしょう。